社会福祉法人 大野城市社会福祉協議会

事業・サービス案内

介護サービス事業

 大野城市社会福祉協議会では、介護保険をはじめとする次のような介護サービスを行い、地域で安心して暮らせるよう支援を行っています。

介護保険事業

1.指定居宅介護支援事業(ケアプラン作成)

 介護保険の要介護認定を受けた方に、介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護の計画(ケアプラン)を立てます。介護度に合った必要なサービスを、ご本人や家族の方々と相談しながらいろいろなサービスを組み合わせた計画を作成し、適切にサービスが提供されるように支援を行います。

2.指定訪問介護事業(ホームヘルパー派遣)

 介護支援専門員(ケアマネジャー)が立てたケアプランに基づいた訪問介護計画により、サービスを提供します。生活援助(食事の調理、買物、洗濯、掃除など)、身体介護(入浴・通院・排泄・食事の介助など)のサービスがあります。

3.指定訪問入浴介護事業

  移動入浴車で自宅に伺い浴槽を運び入れ、寝たきりの方も自宅で入浴ができます。

受託事業

1.地域生活支援事業

  障がい児者への移動支援サービス、障がい者への訪問入浴サービス

2.訪問入浴サービス事業

  介護保険外の高齢者へ入浴介護サービス

3.タイムケア事業

  障がいのある子どもに放課後の活動場所の提供とレスパイトを目的とした一時預かり事業

4.学童保育ホームヘルパー派遣

  障がい児に対する学童保育所へのホームヘルパー派遣

5.赤ちゃんホームヘルプサービス

  赤ちゃんがいる家庭で、日常支援が必要な場合にホームヘルパーを派遣

6.学校等送迎等事業

  学校等の登下校時に障がいのある子どもをホームヘルパーがサポートします。

障害福祉サービス

1.身体障がい者ホームヘルプサービス事業

  居宅家事・居宅身体のホームヘルプサービス

2.知的障がい児者ホームヘルプサービス事業

  居宅家事・居宅身体のホームヘルプサービス

3.精神障がい者ホームヘルプサービス事業

  生活支援のための家事援助・身体介護のホームヘルプサービス

4.障がい児ホームヘルプサービス事業

  居宅家事・居宅身体のホームヘルプサービス

5.行動援護事業

  コミュニケーション等が困難な人の社会参加を支援します。

制度外介護サービス事業

1.ほっとサポート

制度上のホームヘルプサービスにおいて、制約・制限を受けるサービスを対象とした大野城市社会福祉協議会独自の取り組みです。

指定相談支援事業

1.指定特定相談支援事業

障がい者(児)等からの相談に応じ必要な便宜を供与する(基本相談支援)ほか、障がい者(児)が障害福祉サービスを利用する前にサービス等利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援(計画相談支援)を行います。

2.指定障がい児相談支援事業

障がい児が障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)を利用する前に、障害児支援利用計画を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。