社会福祉法人 大野城市社会福祉協議会

おおのじょうボランティアセンター

点訳サークル あゆみの会

点訳サークル あゆみの会
例会日 第2 ・ 4土曜日 14時~16時
第2 ・ 4水曜日 19時~21時
場 所 大野城市総合福祉センター、ボランティアセンター
活動の目的 視覚障害をもった方々に喜んでもらえる点訳物の作成
活動の内容 ・ 手打ち、パソコンによる定期的な点訳物の作成、 
(お料理のレシピ、新聞コラム、『アテナ』『福祉情報』カレンダーなど) 
・ ガイドボランティア依頼への対応 
・ 視覚障害者の方々との交流会・・・・一年に数回

PR

若くは現役高校生から、上は??ハテナ才まで、それぞれが自分のペースで、 けれども決して無責任になることなく 月4回の例会日の中で活動している『あゆみの会』です。 
会員一人一人の手打ちによる点訳物はもちろん、 最近はパソコンも導入され、部数が必要なものの作成にも対応できるようになりました。 また、ガイドボランティアへの対応や交流会を通して 視覚障害者の方々と楽しい時間をすごすこともあります。 
「点訳」を通して 視覚障害者と私たち会員の世界が 広がっていければ との思いで活動している『あゆみの会』です。

点筆 点板による手書き、パソコン点訳(点訳ソフトがあります) 
初心者が点訳出来るようになるには 講習を受けてから更に2~3ヶ月ほどかかります。 作ったものは会員同士で校正しています… 
点字は表音文字です。読んだとおりに表記し、『分かち書き』というルールに従って書きます。

百貨店の情報を発信中!あゆみの会では、 1年ほど前から地元天神の百貨店の店内案内と月間情報などを点訳し、希望者に送付しています。 当初は始めてはみたものの手探り状態で、百貨店の方にダイレクトに打診するなど、 いろいろご迷惑をかけながらの作業でしたが、だんだんと百貨店からのご理解をいただけるようになり、 スムーズに情報提供が出来るようになってきました。旬の情報をタイムリーに発信しなくては意味がないので、 常に時間との戦いですが、視覚障害者のみなさんからも好評をいただいていることが励みになっています。 ※写真は某百貨店に出向いての打ち合わせ風景。刻々と変わる売り場に対処するために、百貨店側からいただく情報は欠かせません。

交流会 クリスマス、忘年会、バスハイク
ガイドボランティア 講習を受け、視覚障害者のかたと一緒に歩けるよう訓練してから対応しています。
今後の取組み 視覚障害者の希望にはレストランのメニューや 家電の取扱い説明書などなどがあげられていますが…
専門用語や図などの点訳には、私たちの手に余るものもあります。日々勉強中です!

点字講習会(入門編)※アイマスク体験・パソコン点訳体験も行います。

●対 象 者  初心者の方はもちろん、点字に興味がありボランティア活動をしたいと考えている人
●日  時  9月7日から9月28日までの毎週土曜日(全4回)午後2時~4時
●会  場  大野城市総合福祉センター
●定  員  20名(先着順)
●受 講 料  2,000円(てびき・点字板代)
●申込方法  8月5日(月)より電話でお申し込みください
●申し込みと問い合わせ先 
  大野城市社会福祉協議会ボランティアセンター  092—572‐5529