社会福祉法人 大野城市社会福祉協議会

おおのじょうボランティアセンター

ボランティア連絡協議会 会則

(名称)

第1条 本会を、大野城市ボランティア連絡協議会という。

(趣旨)

第2条 本会は、大野城市のボランティア間の連絡調整、連携強化ならびに地域福祉の増進を図ることを目的とする。

(組織)

第3条 本会は、前条の趣旨に賛同する大野城市内のボランティア団体及び個人をもって構成する。

(事務局)

第4条 本会の事務局は、大野城市総合福祉センター内に設置する。

(役員)

第5条 本会に次の役員を置き、第3条に掲げる者の中から互選する。
 会長    1名     
 副会長   若干名    
 会計    1名      
 監事    2名
 事務局長 1名
 事務局員 若干名

2 役員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。
3 役員は、その任期が満了したときにおいても後任者が就任するまでの間、引き続きその任に当たるものとする。
4 本会に相談役を置くものとする。相談役の任期は役員の任期による。

(会議)

第6条 本会に次の会議を置き、会長がこれを招集する。
(1)総会
(2)役員会
(3)連絡協議会(代表者会議)
2 総会は会の最高決定機関とし、会員の総意により、これを運営する。
3 役員会は前条第1項に定める役員を以って構成し、会の運営を企画・立案する。ただし、会長が必要と認める場合は役員以外の者を出席させることができる。

(実行委員会)

第7条 本会は役員会の決定により、実行委員会を置くことができる。
2 実行委員会は、実行委員長を中心にその企画・立案・運営を行う。
3 実行委員会は、その運営を役員会に報告しなければならない。

(会計)

第8条 会計は出納事務を総理し、役員会及び実行委員会(以下「委員会等」という。)に意見を述べることができる。
2 委員会等は前項の意見を尊重しなければならない。

(相談役)

第9条 相談役は、大野城市の福祉の増進及び会の発展を図るための助言、指導を行わなければならない。
2 委員会等は前項の意見を尊重しなければならない。

(監事)

第10条 監事は会計事務を調査し、役員会に意見を述べることができる。
2 委員会等は前項の意見を尊重しなければならない。

(経費)

第11条 本会の運営に要する経費は 会費及び 寄附金 並びに その他の収入を以って充てる。
2 会費の額については役員会で決定し、総会の承諾を得なければならない。
3 会計年度は事業年度によるものとする。

(その他)

第12条 その他、本会の運営に関して、必要な事項については役員会で定め、総会の同意を得るものとする。

(付則)

この会則は協議会設立の日から施行する。
1990年(平成2)5月13日一部改正
1991年(平成3)4月14日一部改正