社会福祉法人 大野城市社会福祉協議会

おおのじょうボランティアセンター

スニーカー

スニーカー

ハンディを持った仲間たちとのふれあいと交流を目的とし、 「ふれあいの旅」 のスタッフとして、その企画やレクリェーション等を実施したり、 お花見遠足の企画と準備、翔んでふれあって (運動会)の協力などをやってます。
スニーカーを履いて、どこへでもお手伝いに行きますョ!!をモットーに元気ものが集まったグループです。

何かボランティアやってみたいけど・・・と思っているあなた! 
一緒に活動しませんか?

例会日 第2、第4、月曜日 19時~21時
場 所 大野城市総合福祉センター、ボランティアセンター

スニーカースニーカー

バリアフリーマップについて

障害者や高齢者、そして街に住む皆さんにもっともっと大野城のまちを歩いて欲しい!! そんな思いを寄せて私たち ボランティアグループ「スニーカー」は2002年4月よりバリアフリーマップ 作りを始めました。

グループの名のごとく、スニーカーを履いて車椅子に乗ってこの街のいろんな店や 近隣駅を訪問しました。

他のボランティアグループの方かたもたくさん手伝っていただき  一緒に時間をみつけては 店内のサービスやバリアフリーのチェックをしていきました。 夏には中高生ボランティアワークキャンププログラムの中で、キャンプ参加者と駅等をまわりました。

まだまだ設備の整っていない段差や出入り口はたくさんありますが、店員さんのやさしい笑顔、駅員さんの 温かいお言葉に出会いました。

今回のマップはまだまだ未熟な点がいっぱいですが、第2弾も 作成したいと思っていますので、情報や課題をいただければ幸いです。