大野城市社協は、住民の住民による住民のための福祉のまちづくりをめざします。
受付時間:8:30~17:00

社協会員・寄附

寄附について


寄附は、地域福祉活動や在宅福祉サービス事業、ボランティア活動推進など大野城市社会福祉協議会が行う民間社会福祉事業に充当されます。
※みなさまからいただいたご寄附は、社協だより「ご厚情ありがとうございました」のコーナーでもご紹介しています。

寄附の種別
 一般寄附個人や団体の善意による寄附
香典返し寄附故人並びに遺族の遺志による寄附
指定寄附指定した事業に充てる寄附
物品寄附物品による寄附

当時、大野城市の福祉施設へシーズン盗塁数に応じて「バナナ」を寄贈してくれた 本多 雄一 選手 (福岡県大野城市出身/現・福岡ソフトバンクホークスコーチ)

写真:福岡ソフトバンクホークス感謝の集い2008

社協会員


社会福祉協議会の活動は、市民のみなさまの協力・参加により地域に根ざしたものになります。社会福祉協議会では貴重な会員会費を財源にして福祉事業を展開し、地域のみなさまと力を合わせて共につくる『ふくしのまちづくり』を推進しています。

会員の種類
 一般会員(年額)1ロ 500円
賛助会員(年額)1ロ2,000円
特別会員(年額)1ロ5,000円

社協会員ご加入について(オモテ)

社協会員会費の使いみち(ウラ)