大野城市社協は、住民の住民による住民のための福祉のまちづくりをめざします。
受付時間:8:30~17:00

ふーちゃんゼミナール福祉教育

ノーマライゼーションの理念に基づき、障がい等があってもあたりまえに生きていける地域社会を創っていくためには、住民の参加・参画なしには実現不可能です。子どもから大人まで幅広い市民を対象とした福祉教育を展開します。

ふーちゃんゼミナール

社会福祉協議会の職員が講師またはコーディネーターとなり、地域福祉や防犯・防災、在宅福祉、障がい者支援などをテーマにした出前講座をおこなっています。

対象:市民または市内事業所に勤務している10人以上のグループ。
   ただし、政治・宗教・営利を目的とした催しには利用できません。
講師料:無料
開催日時:ご相談ください。土日祝日も対応いたします。(12/29〜1/3除く)
会場の手配:ご利用される皆さんで確保をお願いします。
開催場所:大野城市内に限ります。

お申込みの流れ

1:申し込み
メニューから利用したい講座を選択してください。

希望日の1ヶ月前までに日時・講座内容をご連絡いただき、申込書をご提出ください。
内容等について、事前に打合せをさせていただくことがございます。

2:実施
指定の会場に社会福祉協議会の職員がお伺いし、出前講座を実施します。

3:アンケート
講座終了後、アンケートにご協力をお願いします。
皆さまの声を今後のメニューや活動の参考にさせて頂きます。

ふーちゃんゼミナール プログラム一覧

ふーちゃんゼミナール2021 パンフレット(PDF)

ふーちゃんゼミナール申込書

※メニューにない講座でもご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

福祉教育をご希望される方へ

学校×社協×地域が協働し、学校における福祉教育を推進しています。
ボランティアや障がいのある当事者、職員がゲストティーチャーとなり、福祉やボランティアについて学習をすすめていきます。

大野城市社会福祉協議会では、平成26年度に福岡県社会福祉協議会が発行した福祉教育教材「ともに生きる」を活用しています。

 福祉教育教材「ともに生きる」について (福岡県社会福祉協議会ホームページ)

 

お申込みの流れ

1:申し込み
電話またはFAXにて、希望される日程や体験内容等をご相談ください。

2:打ち合わせ
プログラムや注意事項など打ち合わせをします。

3:講師・ボランティアのコーディネート
社会福祉協議会が中心となって、講師及びボランティアの調整を行います。

4:プログラムの最終確認
当日プログラム及び講師・ボランティア、準備物について確認します。

5:実施

大野城市社会福祉協議会 福祉教育プログラム

福祉教育依頼書(Word)

大野城市社協 福祉教育プログラムVol,1 (PDF)

事前学習用動画「ふーちゃんねる」 (大野城市社会福祉協議会 公式YouTube)

おおのじょう福祉教育研修会2021(オンライン開催)

大野城市と大野城市社会福祉協議会は、地域に暮らす全ての人が安心して幸せに暮らしていける地域共生社会の実現に向けて、福祉教育の意義や理念を学ぶことを目的とした研修会を開催しています。今回は、学校教員向けにオンラインによる限定配信で開催します。

主催及び共催 
 主催: 大野城市・大野城市社会福祉協議会 共催: 大野城市教育委員会

配信期間 
 令和3年10月1日(金)~令和4年1月31日(月)

視聴方法
 大野城市社会福祉協議会YouTubeからの学校教員向け限定配信

参加対象 
 市内小・中学校教職員

詳細はこちら 『おおのじょう福祉教育研修会2021』専用ページ

お申し込み先

社会福祉法人 大野城市社会福祉協議会
〒816-0934
大野城市曙町2-3-2 (担当:地域課)
電話:092-572-7700
FAX:092-593-5829
メールアドレス:shakyo@onojo-vc.jp